ステキな一日

IT技術やトレンディな話題を中心に個人的なメモを書き綴っていきます。

5回繰り返さない、「なぜなぜ分析」

なぜなぜ分析といえば有名な「”なぜ”を5回繰り返す」というもの。 しかし、この言葉だけを信じて、その場で思いついた「なぜ」を5回繰り返しても、的を得た真因を導き出すのは難しい。

【広告】

真の再発防止策が導き出されているか?

導き出した真因が、”作業者の不注意” や、”手順を守っていない” などで、再発防止策が ”注意喚起” となっていないだろうか?
”注意喚起”という再発防止策では、現実問題として同様の問題が再発しそうですよね。
それでヨシとする空気は”なぜなぜ分析した”という事務手続き処理が終わっただけというやらされ仕事だ。

実践的なぜなぜ分析

先日、マネジメントダイナミクス小倉氏の「なぜなぜ分析演習付きセミナー実践編」を受講して感動した。 とても論理的かつ実践的。

(1)いきさつフロー図を使って、状況を分析する。
(2)誰のためのなぜなぜ分析かを決める(現場担当者なのか、管理者なのか、経営者なのか、)。
(3)発生した事象を捉える(いきさつフロー図の時間軸の中から問題となった事象)。
(4)時間軸を遡るようにして、”なぜ”を導き出していく。
(5)”~に気づかなかった。”というなぜを用いる。
(6)抽出した”なぜ”を逆から読んで整合性を確認する。
(7)”時間が無かったから” や ”新人だったから” というのは”なぜ”ではなく、前提条件とする。

ポイントとしては上記に挙げた例であったが、詳しくは、ぜひ、小倉氏のセミナーを受講していただきたいと思う。

同内容の書籍はこちら

以上、「5回繰り返さない、「なぜなぜ分析」」でした。

【広告】