ステキな一日

IT技術やトレンディな話題を中心に個人的なメモを書き綴っていきます。

hyper-Vは、電源管理をパフォーマンスにするのをお忘れなく

もう、まさにタイトルの通りです。

電源管理をパフォーマンスにすると、かなり速くなります。

Hyper-Vをパソコンで構築して、仮想PCを数台実行させると何だか動作がもっさりとしてしまう。 メモリもCPUもしっかりと積んでいるのに、、、

【広告】

色々と調べていくと、サーバーOSでも電源管理の初期値がパフォーマンスになっておらず、それが災いして仮想PCが遅くなってしまうというケースが多いそうです。

その事実を知ったとき、それは勘弁してくださいよ!っとのけぞりましたよ。

Hype-Vで仮想PCを使うなら、電源管理をパフォーマンスに!

あとは、ディスクがボトルネックとなるので、ディスクの強化がポイントです。

  1. 仮想PC一台づつに、物理ディスクを割り当てる。それが無理でも、複数台に分散する。
  2. ハードディスクをSSDに変える。

あと、ネットワークもボトルネックとなりやすいので、物理アダプターの複数化もあるかな。

CPU、メモリはマシン数に合わせて拡張するようにします。しかり、あまり台数が多くなるのなら高価なCPUにするよりも、仮想化ホストの台数を増やした方が良いでしょう。

難しいのはやっぱりディスクの構成で、ディスクを一台で構成したら、複数の仮想マシンを同時に起動すると、明らかに酷いことになります。RAID5でも厳しい。やはり、仮想PC一台づつに物理ディスクを割り当てるのが最適でしょうね。

以上、「hyper-Vは、電源管理をパフォーマンスにするのをお忘れなく」でした。

【広告】