ステキな一日

IT技術やトレンディな話題を中心に個人的なメモを書き綴っていきます。

イスカ(ISUKA) ウルトラライトコンプレッションバッグ

安いシュラフはかさばる

アマゾンの安売り(?)で買ったキャプテンスタッグのシュラフをカヤックに積んだら、他の荷物が積めないほどに場所を取ってしまった。しかも、防水バッグに入らないので大きなゴミ袋に入れるしかない。悲しいかな安いシュラフはかさばるという大きな欠点がありました。

コンプレッションバッグで小さく

で、何か無いかとネットをウロウロしていたらコンプレッションバッグなるものを発見!!これは、バッグにベルトがついていて、かさばるシュラフや衣類などを入れた後に、ベルトで締め付けて圧縮することでかさを少なくする便利グッズ。 そして、僕のキャプテンスタッグのシュラフを入れるにはLサイズが良いみたい。

最初はどのくらい小さくなるのか、わからなかったけれど、使ってみて納得!! まず、シュラフを袋に入れた状態です。↓そのままの大きさ(@_@;)デカい!

そして、バッグの横に付いている4本のベルトを少しずつ引っ張って、高さを低くするように圧縮していきます。 すると、こんなにも小さくなりました。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ すげーっ、半分だよ。

これはすごく便利です。納得の圧縮率。

アマゾンでの高評価もうなずけますね!

エア450Xに使用
エア450X本体の収納袋より縦にやや大きいため、結構雑に入れても入るため、収納がとても楽です。
ベルトを限界まで締めれば、大体半分くらいの大きさ(長さ)になります。
自分はザックの横幅に合わせてある程度まで締めて利用していますが、それでもだいぶ小さくなるため、ザック容量にも空きができ、大変満足しています。

かなり小さくなる
ナンガのオーロラ600に使用しています
Mサイズを使っていますが、
Sでも良かったかもしれません
冬山用シュラフには必需品
今までどうしてこの様な商品を使わなかったのか、
かさばる冬用シュラフの収納が驚くほどコンパクトになりました。
機能抜群
モンベルのバローバック#2を入れるために購入しました。無理やり入れていますが、ちょっと小さかったかも。でも機能としては抜群ですね。
安定のイスカ
簡素な造りで側面が不安でしたが、
全力で締め付けてもびくともしない強度を持っています。
きつめの大きさで買うのをお勧めします。
本当にすごい
次回ロングキャンプの際は、もう1個~2個買うべきと思ってます。
これに衣類を入れて小さくしていくと、最終的に500mlペットボトル2本分程度の大きさになります。
Tシャツ5枚、下着4枚、タオル3枚、靴下4組、がそのサイズになります。
ちなみに、多少シワができてしまうのは、しょうがない。
出典:Amazon

以上、「イスカ(ISUKA) ウルトラライトコンプレッションバッグ」でした。

【広告】

木曽三川公園~藤原~上石津ポタリング

昨日後輪がサイドカットでパンクして未修理のため、ロードバイクが出動できない。ですから、本日はポタリング用チャリのdahon speed falco ポッチャリ号でポタポタです。

ポッチャリ号についてはこちらの記事に詳しく書いてあります。 www.sutekina121.com

朝8時に家を出て、木曽三川公園→多度→藤原→上石津→養老→多度と走り帰着は15時でした。

ポタリングなので何か目標を決めようと、発見した橋を片っ端から写真に撮ろうという企画です。しかし、こんなにたくさんの橋があるとは思わなんだ。( ;∀;)

蟹江川・二ッ矢橋

本日のルート

それでは、はりきって行ってみよー!

善太川・JRの鉄橋

善太川・歩道橋

木曽川用水・橋

何やら田んぼの用水路の橋

森川花はす田

鵜戸川・道の駅横の橋

木曽川・立田大橋

長良川・長良川大橋

揖斐川・油島大橋

多度川・香取橋

多度川・歩道橋

多度川・養老鉄道の鉄橋

多度の用水路・橋

?・多度大社近くの橋

ツバメの巣・子育て中

多度川・多度大社入口の橋

肱江川・橋

肱江川・橋

肱江川・滝ヶ橋

ナガシマカントリークラブ・橋

員弁川・前川橋

?川・かみたど橋

津屋川

津屋川

津屋川

津屋川

津屋川

津屋川

津屋川

津屋川・ハリヨ橋

津屋川

津屋川

津屋川・258号の橋

津屋川・駒野橋

揖斐川・南濃大橋

以上、「木曽三川公園~藤原~上石津ポタリング」でした。

【広告】

DE ROSA IDOL. ハートマークに憧れる人は多い。

ハート マーク に憧れ る人は 多い。

【広告】

DE ROSA IDOL に魅せられて

岐阜の上石津町から、今須に抜ける林道で、上り坂に苦戦していると、後ろからスコッと追い抜かれた。その青いロードのダウンチューブにはハートのマークがキラリと光っていた。その時のデローザがどのモデルだったのかは分からないけれども、ハートのマークに惹かれてしまったのは間違いない。

数年前から、FELT Z85 に乗っていて、そろそろ他のロードに乗り換えたいと思い始めた。アルミか、カーボンか、できればカーボンに乗ってみたいと思ってはいた。漠然とした思いは、またしても、今度は平地で後ろから来たデローザに抜かれたときにビカビカと稲妻が走り、具体的な物となりました。

「DE ROSA IDOL に乗りたい。」

My IDOL の スペック

そして、とうとう買ってしまった。デローザ IDOL。

コンポは信頼のシマノ・アルテグラ。 ホイールもアルテグラ。チューブレスタイヤにしたかった事と、予算的な理由で。 サドルは特にこだわりたかったので、大きな穴があいた SLR Super Flow。これが意外と固めのシートでしたので、ポジションが合わず、痛い思いをしていた。シートポストをカーボンに交換して少し前に出したら痛みは和らいだけど・・・FELTのサドルが懐かしい。

サイズ: S - 49.5cm Matte Red/Black フレーム: Super High-Modulus carbon fiber フォーク: Super High-Modulus carbon fiber ヘッドセット: De Rosa シフター: Shimano Ultegra 6800, 22-speed フロントディレーラー: Shimano Ultegra 6800 リアディレーラー: Shimano Ultegra 6800 クランクセット: Shimano Ultegra 6800, 50/34T カセット: Shimano Ultegra 6800, 11-28T チェーン: Shimano Ultegra HG701 ブレーキ: Shimano Ultegra 6800 ホイール: Shimano Ultegra WH6800 タイヤ: iRC-TIRE Formula Pro RBCC Tubeless ペダル:Shimano Ultegra PD6800 ハンドルバー: FSA Omega ステム: FSA Gossamer シートポスト: carbon シートクランプ: De Rosa Alloy サドル: Selle Italia - SLR SuperFlow

これで、重量はだいたい7.8kgくらい。

乗ってみてどう?

だいたい 2,000 km くらい走りました。カーボンフレームだけあって、振動吸収はとても良いです。チューブレスタイヤの恩恵も大きいかと思います。また、ハンドリングやペダルの踏み込みはヤワな感じは無い。下り坂でスピードが出てきたときのコントロール性能は素晴らしく、コーナリングでも安心感があります。100~150 km の距離を走ることが多いけれど、手首や体の疲れも軽減されていると感じています。そして、何よりこのハートマークがイイ感じですね。

ギャラリー

SLR Super Flow

以上、「DE ROSA IDOL. ハートマークに憧れる人は多い。」でした。

【広告】

廉価版!?パーセルトレンチ・パッカーズグリル(焚火用グリル)

パーセルトレンチ・パッカーズグリルのようなモノをDIYで作ってみます。
パーセルトレンチはUSAのブランドで、中でもパッカーズグリルは販売サイトでは品切れが多く入手が難しいです。 今回はそんなパッカーズグリルのように1~2人で使える焚き火用グリルを自作する方法についての話です。

【広告】

パーセルトレンチ・パッカーズグリル

出典:カスケードループ

パーセルトレンチのパッカーズグリルに憧れているけれど、値段も良いことと、人気の割には数が少ないようで、いつもSOLD OUT。

中空のステンレスパイプ製で、重さは94g。 焚火台はもちろん、カヤックキャンプでの焚火で鍋を火にかけたり、お湯を沸かしたりと、かなり便利に使えます。ありそうで中々無いのですよね、こういうグリルが。

運が良ければ、カスケードループさんのウェブサイトで購入できるかも知れません。

なんちゃってパッカーズグリル

なんとかして、同様の使い勝手の物が欲しいと思って、ネットをウロウロしていたところ、キャプテンスタッグのダッチオーブンスタンドを発見!!

キャプテンスタッグ キャンプ バーベキュー BBQ コンロ用ダッチオーブンスタンドM-6506

こちらのスペックは以下の通りです。

サイズ : (約)435×285mm(ワイヤー/外径7mm)
重量 : (約)1kg
材質 : 鉄(シリコン樹脂塗装)
耐荷重 : 20kg

複数のレビュアーの方が書き込んでおられるように、2つに切れば、なんと!!
パーセルトレンチもどきになります!

さっそくAmazonで注文して、真っ二つに切ってみましたよ。
100均の金鋸だと、ちょっと切りづらいので、
もうちょっとちゃんとした金鋸の方が良いですね。
切り口は100均のヤスリで丸く削って手をケガしないようにしておきます。

1つあたりの重さは本家とはかけ離れていますけど、
カヤックキャンプなら気にならない重さです。
あとは、これまた100均で布袋を買ってきて、
ケースも作りたいと思います。

さあ、今度の週末キャンプで使おうっと!

心配なところとしては鉄製なので、
すぐにサビサビになって長持ちしないだろうなぁ・・・って事もありませんでした。

いつか本物のパーセルトレンチを買おうと思います。

以上、「廉価版!?パーセルトレンチ・パッカーズグリル(焚火用グリル)」でした。

【広告】

Dahon Speed Falco について調べてみた

ミニベロのメーカーとしては有名な Dahon の スポーツタイプにしては低価格な Speed Falco について調べてみた。 なお、Dahonは一見HONDAのパチモンのような名前ですがアメリカの立派な自転車メーカーです。

【広告】

Dahon社について

ホームページ:Dahon

社名は、創業者の  Dr. David Hon を略してDahonだと思う。

日本ではアキボウという会社が代理店となっています。1982年に折り畳み式自転車の会社を設立し、1984年から本格的に折り畳み式自転車を販売しているようです。

Speed Falco の基本スペック(2016モデル)

完成車価格:¥86,000 (税別)

シンプルで機能的な人気のクロモリフレームバイク。

・ETRTO451ホイールの高い走行性能と、クロモリならではの乗り心地が走りへの欲求に応える。拡張性にも優れ多様なカスタムのベースとしても活躍してくれる。

・視認性に優れたオプティカルディスプレイ搭載のShimano Altusシフター。心地良い操作感覚で軽快な走りを支えてくれる。

スポーツバイクのデイリーユースに重要となる耐久性とメンテナンス性を備えた定番のAltus。大径プーリーでチェーン抵抗が減りペダルの回転も軽くなる。

・オールブラックで仕上げられたセミディープリムのBLacFoot451ホイール。ソリッドな質感で車体を精悍な印象へと変えている。

・カスタムの拡張性を考慮しFD台座を設置。フロントダブルへのカスタムにも対応可能となり、多くのユーザーの要望にも応えられる仕様となっている。

  • ギア: リア8速
  • ホイールサイズ: 20インチ(451)
  • 重量: 12.1kg
  • 折り畳み時サイズ: W82×H66×D36cm
  • フレーム: 20インチ(ETRTO 451) KD Series, SuperLite 4130 chromoly, ViceGrip technologies
  • フォーク Dahon SlipStream, Dalloy aluminum
  • ハンドルポスト/ステム Radius onepiece, Outside folding, H:300mm, 8deg.
  • ハンドルバー: Dahon Comp, flat, double butted 6061, 540mm, φ25.4mm
  • グリップ Velo, VLG-311A
  • サドル:Dahon Litebeam Saddle
  • シートポスト: Dahon Aluminum Seatpost, 33.9×580mm
  • ブレーキ: Dahon SpeedStop V brakes
  • ブレーキレバー: Promax Alloy Levers
  • フロントハブ: Dahon Neutron, 20H
  • リアハブ: Dahon Comp, 28H
  • リム: Dahon BlacFoot 451
  • タイヤ: Kenda, Kwest 20"×1-1/8, F/ V
  • クランクセット: Dahon Supra, 53T, alloy CNC Chainguard
  • リアディレーラー: Shimano Altus, 8spd
  • シフター: Shimano Altus
  • カセット: Shimano CS-HG41-8, 11-32T
  • ペダル: Suntour Folding, alloy body
  • キックスタンド: アルミニウム

折り畳み機構:DFS(Dahon Folding System) Technology

30年以上も前に発明されたというシステムですが、とても完成度が高く3ステップで折りたためる事ができます。

(1)シートを一番下まで下す。

(2)ハンドルを倒す

(3)半分に折りたたむ

Speed Falco のカスタマイズ

SpeedFalcoはそのまま乗ってももちろん楽しい自転車ですが、カスタムも色々と楽しくできる自転車でもあります。

(1)ハンドルグリップの交換

バーハンドルなので長時間乗っていると手が痛くなってきます。エルゴノミックグリップに交換するとかなり軽減されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(2)シートポストの交換

オリジナルがダメというわけではありませんが、少しでも軽量化するために交換する人は多いようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

(3)ペダル交換

純正品はやたらめったらに重い。悪くはないけど交換しました。MKSのコンパクトイージー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(4)空気入れ

パンクは必ずしますから必需品ですね。折り畳み式システムの邪魔になってしまうので、このように後ろに装着しました。TOPEAK(トピーク) ポケット ロケット マスターブラスター & ケージ マウント

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

(5)タイヤとチューブ、リムテープ

パナレーサー(Panaracer) ミニッツライトPT & RacingTube R'AIR [W/O 20x7/8~1 1/8] 仏式ロングバルブ(60mm)

& Poly-Lite [W/O 20inch 15mm]

これは費用対効果が高いチューニングです。タイヤはW/O 20X1‐1/8 サイズ。チューブはセミディープリムのロングバルブ。 R'AIRのパンク対策としてリムテープをポリウレタンリムテープに。

肝心の乗り味は・・・別の乗り物に乗ったような感じになりました。スタート、スピードの伸びもノーマルより断然良いです。タイヤが太めなのでゴツゴツ感も無いように思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(6)SATORI ABERHALLO ハンドルポジションチェンジャー

ハンドルの高さ調整ができないので、やむなく導入したけどそんなに低くはなりませんでした。無いよりはマシ程度。

(7)ウォーターボトルゲージの装着

ウォーターボトルゲージはほぼ水平になってしまいますが取り付け可能です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Speed Falco の乗り心地

ノーマルではそれなりに早く走れます。とうぜんその辺の通勤通学用自転車の比ではありません。めっちゃいい感じです。そして折り畳み機構はしっかりとしていますのでガタツキは皆無です。ミニベロらしくスタートのしやすさやキビキビとした走り、そしてクロモリならではのしなやかな走りが楽しめます。

さて、そんなSpeedFalcoですが、バーハンドルなので疲れを軽減するためにも最低限グリップはカスタマイズしたいところです。また、タイヤをスリックタイヤかつ高圧のものに変える事でワンランク上の乗り物にアップグレードすることが可能です。フロントギアのダブル化については私の場合はあまり必要性を感じませんでした。

 

いかがでしたでしょうか。こちらは最も人気の高い超コンパクトな折りたたみ自転車、ブロンプトン(BROMPTON)を隅々まで紹介した記事です。よろしければ合わせて覧お読みください。

www.sutekina121.com

以上、「Dahon Speed Falco について調べてみた」でした。

【広告】