ステキな一日

IT技術やトレンディな話題を中心に個人的なメモを書き綴っていきます。

部門という垣根・立場を越えたコミュニケーションを実現するには

垣根・立場

仕事に対する考え方、価値観の違いがある

メールでのコミュニケーションにより人間関係が希薄化した。

場所が離れていることにより人間関係が希薄化した。

相手の実情を認知していないことによる思い違いがある。

がんばった結果が他人に認められない事。

↓ ↓ ↓ ↓

仕組みの例

仕事に対する考え方、価値観を全社員に伝達できる仕組みを作る。(例:セブンイレブンは毎週全社員を集め社長が方針を具体的に説明する。Webサーブはきめこまかく本にまとめて徹底的に理解させる。)

部門間で自由な意見交換ができるアナログによるコミュニケーションの機会を定期的に作る。(例:リコーは、風土改革プログラムと称してオフサイトミーティングを実施している)

部門間で人材のローテーションを行う。

アナログでのコミュニケーションを増やす策を講じる(例:経営品質賞を受賞した武蔵野は、ボイスメールを使用している。)

がんばった結果が全社、家族に認められる(知らされる)ような仕組みを作る。(例:経営品質賞を受賞した武蔵野は、サンクスカードを使用している。)