ステキな一日

IT技術やトレンディな話題を中心に個人的なメモを書き綴っていきます。

超人気の折りたたみミニベロ。私のブロンプトンを隅々まで解説します。

折りたたみ自転車の中でも、マニアともいうべき人もいるくらいの人気自転車「ブロンプトン」 そんなブロンプトンを私の視点でご紹介したいと思います。私のブロンプトンはS6Lというタイプです。

【広告】

マイ・ブロンプトン

私のブロンプトンはS6L Sタイプのストレートハンドルに、6段変速ギア、キャリア無しの泥除けあり、色はテンペストブルーです。 ゴーサイクルさんの試乗会で、P6R,S2L,M3Rを試乗して、結局はS6Lにしたという。 一番気に入ったのはS2Lなのですが、街乗りオンリーならそれでいいのですが、あちこち行くとなるとやっぱり6速欲しいという事で、S6Lにしました。ミズタニ自転車の人の話によると、6速から2速への改造はそんなにお金もかからずにできるから、まずは6速をおすすめしていますっという事でした。 街乗りオンリーで割り切るならS2Lの軽快さはおすすめです。同じ自転車で段数が違うだけで、これだけ乗り心地が違うのかとびっくりしました。

S6L

ブロンプトン6段変速について(ちょっと特殊です)

6速の変速機は外装2速と内装3速で、2×3=6速となっています。どちらもリアホイールに装備されていて、リア外装は13T/16Tとなっています。内装3速はスターミーアーチャーというメーカーのもので、変速時にはペダルをこぐ足の力を抜かないと変速できない(力を入れたままだと、変速しにくい・壊れやすい)という特徴があります。

リアに外装2段と内装3段を装備している外側の黒くて長いプラスチックのバーは折りたたんだ時にチェーンが外れないようにテンションをかけておく、チェーンテンショナーです。

リアの外装2段と内装3段

 

ハンドル左手側にある外装2段の変速レバー。表記は(-)マイナスと(+)プラスのみ。

外装2速レバー(左)

 

ハンドル右手側にある内装3段の変速レバー。3がトップ側

内装3速レバー(右)

 

これら内外装6速の組み合わせは、ローからトップまで以下の組み合わせ順となります。

ロー 外(-)  内(1) 外(+)  内(1) 外(-)  内(2) 外(+)  内(2) 外(-)  内(3) 外(+)  内(3) トップ

ブロンプトンのヘッドライト

私のブロンプトンにはCATEYEのVOLT800を装備しました。これはロードバイクと兼用です。マウントのためには、先人の知恵をお借りして、「キャットアイ(CAT EYE) センターフォークブラケット CFB-100」を少し加工して取り付けました。

VOLT800

VOLT800

 

ライトの台座はこのような感じです。センターフォークブラケットのネジをいったん取り外して、金具を反対向きに付け直し、さらに金槌で叩いてすこし曲げます。

センターフォークブラケット

センターフォークブラケット

 

VOLT800を装備すると、キャリアブロックと少しだけ干渉してしまいます。致し方ありません。

キャリアブロックと干渉

VOLT800

キャットアイ(CAT EYE) センターフォークブラケット

ブロンプトンのハンドルグリップ

純正のハンドルグリップでは、長距離ライド時に手が痛くなってしまうのは明らかなので、あらかじめERGONグリップに変更しました。私は手が大きいのでLサイズのものをチョイス。このグリップならどこまででも走れます。

エルゴンGP1 ロング

ブロンプトンのサドル

純正サドルも良いものが取り付けられているのですが、評判が良く、装備している人が多いブルックスのサドルB17を取り付けています。このサドルはジーンズでいきなり50キロくらい走っても、私のお尻は全然痛くなりませんでした。 見た目も良いし、とても気に入っています。

BROOKS(ブルックス) B17 STANDARD サドル

 

サドルの手入れには、純正の植物性オイルが必要で、手間もかかるんですが、それもまた楽しい!

BROOKS(ブルックス) B17 STANDARD サドル 後ろから

 

 

サドルのお手入れに必須のオイル

 

 

サドルの取り付けは、自転車に元々ついているペンタクリップにサドルレールを挟み込んでしっかりとネジを締めます。締め付けが緩いとサドルがぐらつきやすいです。

ペンタクリップ

 

ブロンプトンのドリンクホルダー

ロードバイクに取り付けるようなドリンクホルダーは、取り付けることができません。そこで、私は登山用のザックに取り付けるタイプのドリンクホルダーをハンドルに取り付けています。純正のSバッグなら、バッグの背面にペットボトルを入れられるポケットもありますが、このホルダーも結構便利ですよ。

MOUNTAINSMITH マルチホルダー

MOUNTAINSMITH マルチホルダー

MOUNTAINSMITH マルチホルダーにドリンクを入れたところ

MOUNTAINSMITH マルチホルダー 前から

 

ブロンプトンの空気入れ

ブロンプトンには空気入れが標準装備されています。写真のように後ろのフレームにさりげなくすっぽりと収まっているんですよ。可愛いですよね。

ブロンプトンの空気入れ

ブロンプトンの折りたたみサイズ

私のブロンプトンの折りたたみサイズは、W60 × H60 × D30 という大きさです。私のもう一台のミニベロである、ダホンスピードファルコの大きさは、W82 × H66 × D36 ですから、かなり小さくなると思います。この折りたたんだ後の小ささが、自動車に積載したり、輪行したりする時に、とても重要な要素となります。

ブロンプトンフォールディング時

 

ブロンプトンの輪行バッグ

ブロンプトンを持って電車やバスに乗るためには、輪行バッグに収納する必要があります。 人気の輪行バッグを紹介します。

オーストリッチ プチ輪バッグ ブロンプトンの輪行袋ド定番と言っても良い、プチ輪バッグです。これは収納時にかなりコンパクトに折りたたむことができるので、Sバッグの後ろポケットにスポッと忍ばせておくことができます。輪行するつもりが無くても持っておいて損はないという一品です。頻繁に輪行しない人向けかな?

イケアのDIMPAは、タイヤを収納するバッグなのだそうですが、何故かブロンプトンにピッタリの大きさのバッグです。ストラップを車体に取り付ける手間が無いというメリットがありますが、折りたたんだ時にかさばるというデメリットもあります。頻繁に輪行する場合は、結構便利かも。

以下の記事は、ブロンプトンの輪行バッグについて色々と調べた記事です。よろしければご覧ください。

ブロンプトンで輪行!IKEAのDIMPAがブロンプトンの輪行にピッタリなのです。

イケアDIMPAとブロンプトン

さあ、旅に出かけよう!

【広告】